FC2ブログ
「丹波地域恐竜化石フィールドミュージアム」構想とは、、
2018 / 03 / 04 ( Sun )
久下地域を含むエリア全体が野外博物館となり、
訪れる人々がその中で
自然・風景・農業・歴史・伝統・食・生活など「丹波の良さ」を体験学習する。

各テーマや見どころは
人々や地域との 関わりの中で、再発見、発掘し、
われわれの手で作り上げていく。

「丹波地域恐竜化石フィールドミュージアム」
スタートアップミーティング


日 時:平成30年3月4日(日) 13:30~16:30
場 所:丹波の森公苑多目的ルーム(兵庫県丹波市柏原町柏原5600)
参加料:無料(エクスカーションツアー参加の場合は、別途昼食代がかかります)
定 員:100名程度(内、エクスカーションツアーは各コース20名定員)・・・定員になり次第締め切ります。
内 容:基調講演 横浜国立大学大学院教授 大原一興氏 「フィールドミュージアム活動が持つ潜在能力」
    取組発表 恐竜化石フフィールドミュージアムの取り組み概要 
         大学生と進めるフィールドミュージアム名所百景の選定
         高校生と進める「篠山層群の上の暮らし」聞き書き調査
         住民参加の発掘調査と化石専門指導員の養成
    パネルディスカッション 
         ファシリテーター:丹波の森公苑 公苑長 角野幸博氏
         コメンテーター :横浜国立大学大学院 教授 大原一興氏
         パネラー:北摂里山博物館運営協議会事務局長 大嶋 点氏
              いなみ野ため池ミュージアム運営協議会副会長 池本廣希氏
              NPO法人北はりま田園空間博物館事務局次長 篠原秀明氏
              丹波の森研究所研究員 片平深雪氏


久下大橋付近に新たに設置された道路案内
案内標識



スポンサーサイト



11:20:17 | 村おこし活動!? | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
”丹波草刈竜” クリーニング完了!? 
2008 / 05 / 23 ( Fri )

看板設置!
ウォーキングコースには  PR用の看板
「丹波草刈竜」も設置(写真左手前)

   ”じゅうさんづかミステリーウォーク”もいよいよ二日後に迫り
   イベントの目玉でもある
   ”丹波草刈竜”は作業用ロープも撤去され
   全身骨格のクリーニングも 数日前に完了した。
   
(今日23日に放映された
    SUN―TV報道番組「NEWS シグナル」でも
    その姿をカメラが捉えていた)

  先日から気になっていた
  頭部にある”白い物体”の正体を含め
  全体像に迫ってみた。

  頭部にズームイン
  まず全長を歩測してみた。
  報道によっては約70メートルと発表されているが
  おおよそ90メートル程度あるんではなかろうか?

   「特に脚の部分は
   どう刈りこめば歩く姿をリアルに表現できるか苦労した」
   と中島自治会長は話されていたが・・・。
  前肢
  その前肢部分に近づき目の当たりに観察すると
  骨格周辺はゴルフ場のグリーンを連想するかのごとく
  短く丁寧に刈り込まれ
  本体部分がくっきりと見事に浮かび上がっていた。
   (恐るべし!!)

  竜上の道路から草刈竜頭部を見下ろすように覗いてみる
  はたして その白い物体の正体は??? (>_<)

目玉2 

 ↑ の写を化チック
その 位置関係から
目玉であることは間違いないであろう。

    全身骨格2 DSC_4960
    竜周辺は田植えを終えた田園風景が広がる
    
    そんな田んぼを探索中に
    見覚えのある物影に遭遇・・・!
 
    「もしや!?・・・」     

草刈竜(新種)2

  あれも もしや「草刈竜」か??
  すぐさま投稿写真と照合して確信した。
  草刈竜に間違いない! 
  しかもその数は1頭に終わらず
  2頭が向かい合って並んでいる(*^^)v
  さらに詳細を解明しようと足を踏み出したが
  残念ながら細いあぜ道が行く手を阻み
  これ以上接近することができなかった(>_<)
   <編集後記>
   製作者”恐竜アーチスト”の謎??

23:36:49 | 村おこし活動!? | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
新たな草刈竜が!?・・・
2008 / 05 / 22 ( Thu )

新草刈竜!?

   

 草刈竜がもう一頭出現しました。
 近くに脱ぎ捨てた卵の殻(?)が有るので,生まれたてか?
 首が短いなど、先日出現したものしたものとは形状が違うので、
 新種かも。
 全長約7m

 もう一頭出現の予感がする。

    先日当館あてに匿名で投稿がありました。

    投稿いただいたお方
    いち早い特ダネありがとうございます。
     他の報道機関に遅れをとらないように
     早速調査にかかります。

    地元紙のTOP紙面を飾った”草刈竜” 
 
                丹波新聞 ~ 5月22日(木曜) ~  
        丹波新聞 平成20年5月22日(木曜) 号から

13:52:59 | 村おこし活動!? | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
シカ汁を差入れ・・・( ^^) _旦~~
2008 / 02 / 29 ( Fri )

SIKAJIRU


YC山南080229
 2008/02/29(金)から


 小生が属する
 「漢方の里さんなんわくわく隊」(前川隊長)
が先日の
 「竹取物語」に続き動いた。
 2月28日(木)のこの日は
 日々寒い中恐竜化石を発掘されているボランティアの方々に
 何らかの形でお役に立とうと 前回のミィーティングで急きょ企画。
 上久下地域づくりセンターの調理室をお借りして
 女性スタッフを中心にシカ肉を料理して
 作業の合間に差し入れさせていただきました。


     
                シカ汁について説明する 前川隊長(写真右下)
      photo by MR.Ueda


 *この日は所用により当イベントに参加できなかったため
   上記の記事およびわくわく隊メンバーが撮影した写をお借りして
   掲載させていただきました。  <(_ _)>

 
 

10:53:37 | 村おこし活動!? | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
恐竜しばふひろば 落成式の日程が決定!!
2007 / 12 / 05 ( Wed )

         自転車の背後に恐竜


      丹波市山南町谷川の住宅地
     谷川パークサイドに建設中の
     「恐竜しばふひろば」は
 
          完成に向けて着々と工事が進んでいる。
     昨日、当地の住民で建設担当者のMR.TAMURAから
     「しばふひろばの落成式が12月23日の日曜に決定した。
      招待状は予算が厳しい理由で出されへんけど
      お昼前に ”お祝”を持ってきてくれ (^。^)」
      と電話でご招待を賜った。  
          (そのお祝い!?とは??・・ 何に?)


          


   <編集後記>
      以前から若干気にはなっておりましたが
      TOPページの画面左メニュー部に
      携帯電話のQRコードを表示しているにも関わらず
      携帯電話を使って当館に入場すると
      画面上に写が全部表示されない現象で
      お客様にご迷惑をおかけしております。
       (IT部の「BUNchan」 からの提言)

      そこで掲載する写の表示サイズを先日から
      小さくいたしましたので一度お試しください。
       (全てのパネルとはいきませんが
        写の上で”化チック”いただければ
         そこそこのサイズに拡大されます)
                
             丹館 ソルリューション部 より

続きを読む
11:16:20 | 村おこし活動!? | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ